サーチコンソールの基本的な使用方法

ブログ

サーチコンソールの各メニュー説明

新操作画面になったことだし、一つ一つ触って確かめていきます。

URL検査

URLを入力するとGOOGLEにインデックス登録されているかどうか確認できます。

されていなければインデックス登録をリクエストできます。

サイトマップとAMPページが正常に登録されているかも確認することができます。

 

リンク

外部リンク、内部リンク、リンク元サイト、リンク元テキストが詳細に確認できます。

このブログも思わぬ所からの被リンクがついているのをこの機能で初めて知りました。

 

以前のバージョンに戻す

ワンクリックでいつでも旧バージョンに戻せます。

ただし、旧バージョンでは検索トラフィックやGoogleインデックスの大部分の情報が閲覧できなくなっています。

Fetch as GoogleやURLの削除は依然使えます。

 

サーチコンソールでアクセスアップ

結論から言うと、ユニークユーザー数がざっくり100倍に膨れ上がりました。

僕自身はどんなワードでどれぐらいのアクセスが来たのか言うことに支障は無いし、スクショ上げて説明したほうが早いなと思っています。

だけどどこまで晒していいのかわかりませんのでその辺りはぼかして画像一切無しで説明します。

 

サーチコンソール→検索トラフィック→検索アナリティクスの順に進みます。

平均CTRと平均検索順位の部分を押しておきましょう。項目が追加されます。

そして出てきたキーワードを「表示回数」を押して表示回数順に並べ替えます。

 

表示回数が多く、平均掲載順位がいい割にクリック数が少ない言葉はありませんか?

自サイトが特化しているワードと流行のワードがたまたまマッチして検索に引っかかっていることがあります。

多数検索されているのにクリックされていないのは、明らかに検索意図に合わないページだとわかるからです。

そこでそのワードで記事を書くと…大量アクセスを稼ぐことができます。

バズではない、自然検索流入ですが当たればかなりのアクセスがきますよ!

コメント