禁煙は簡単!気持ち次第です。タバコに惹かれる理由とは?

禁煙は他の依存症克服と比べると簡単

タバコをやめることは依存症の中では比較的克服しやすい部類に入ります。タバコのニコチン依存は薬物の中では依存性が低い方に入るからです。離脱症状(禁断症状)もほとんどなく、その気になれば意思の力で禁煙することも可能です。

心が原因のギャンブル依存症やアルコール依存症のような根深い問題では無いので、心がけ次第ですっぱりやめることができます。私は過去は喫煙者でしたが、今ではスッパリ禁煙して5年以上がたちます。

ですがそんな私も禁煙で何度かスリップ(失敗)してきました。やはり禁煙にもある程度の努力というか、心がけが必要です。そこでこれから禁煙しようとしている皆さんがどんなことを考えていけばよいか説明していきます。

タバコのおいしさは幻想がほとんどを占めている

タバコがおいしい瞬間などと言って食後の一服、仕事の後の一服などと言われますが、それは何がおいしいのでしょうか?タバコの味が美味しいというわけではないですよね。タバコの味自体は苦いような、舌がピリッとくるような毒物の味ですからね。味覚がおいしいと感じているのなら、それは自分の感覚を疑ったほうがよいでしょう。

そう、タバコがおいしいと感じるのは自分の生活背景を彩ってくれているように感じているからです。タバコ自体には少し意識がフワッとするような、少々のリラックス効果しかありません。自分の生活の安らぎを、タバコによってほんの少し増幅しているに過ぎないのです。

しかし喫煙者はタバコを偉大なものと誤解し、自分の生活にはタバコが欠かせないのだと錯覚します。実際には喫煙を繰り返すことによって非喫煙時は常にニコチンが欠乏している状態になり、ニコチンを摂取したときのみ100%の自分になれているのに関わらずです。

喫煙者は自分自身が思っているほどにはタバコからの恩恵を受けていません。こんなに素晴らしい瞬間なのだから、きっとタバコもおいしいはずだ、と思ってニコチン補給のために吸っているだけなのです。こんな習慣は即刻やめても何の損も無いと言えます。

タバコは実質毒物なのに、なぜ人はタバコに惹かれるのか

タバコは莫大な宣伝費をかけて良いイメージを持たせられています。CMのみならず、映画や漫画にもタバコは素晴らしいもののように登場します。タバコを吸うナイスガイ、雄大な風景とタバコ、生死をかけた闘いの後に残しておいたタバコを一服などのシーンです。十代の若者が憧れるように仕向けられていますから、それで抵抗無く吸い始める人が多いわけです。

もしこれがタバコでなく、シンナーやガスだったらどうでしょうか?私は経験ありませんが、とても気持ちよさそうにしている人を見たことがあります。

だからと言って誘われたら私もやるか?それは絶対にNOです。なぜなら体に悪そうだし、イメージが退廃的で最悪だからです。

でも、私が吸っていたタバコも毒物には違いないのですよ。じゃあなぜ吸っていたのか?それは嫌悪感を感じないような健康的なイメージを植えつけられていたからです。私はこの事実に気付いてからはタバコをやめようと思えるようになりました。それは幻想が吹き飛んだことで、喫煙とはニコチン補給の繰り返しに過ぎないと気付いたからです。

タバコをやめることは損ではありません!

喫煙をすることで少しでも快感を得られているから、禁煙をするのは損だと思っていませんか?

確かにニコチン補給の機会は得られなくなります。でもニコチン補給で得られる快感とは、窮屈な靴をずっと履いてそれを脱ぐ時に苦しみから開放される快感と変わりありません。苦痛をわざわざ作り出して、それを解消することを快感と捉えているのです。

つまり、日常はずっとタバコによって苦痛にさせられているのです。それが禁煙をすると、フラットな感覚が得られます。タバコをやめることは損どころかメリットしか無いのです。タバコをやめると寝起きの体調が良くなりますよ。食事がおいしくなりますよ。喫煙に奪われていたお金と時間をもう奪われなくなりますよ。

無理してやめる必要はありません

もちろん損を承知でタバコを吸いたいという人は吸えばいいでしょう。やめられないから吸うというのもやむを得ないでしょう。

私のギャンブル依存症のことを例に出すと、パチスロなど儲からないし、店内はタバコの煙で酷いし、パチスロに行く前日は興奮で眠れないしでいいことが無いのは承知しています。それでも一瞬の快感があるからこそそれに拘り、やめられないこともわかっています。ですので無理にやめようというのでなく、最も金銭的な影響が少ない方法に落ち着くことによって、ギャンブルと共存することを選びました。

同じくタバコをやめられない、やめるとイライラが増して悪影響が出るというような方はそんな自分を受け入れてその中でできる工夫をするとよいでしょう。具体的には本数を減らす、タール、ニコチンの軽い銘柄を選ぶなどです。とり合えずできる限りの努力で留めておき、その時がくれば本当にやめればよいのです。誰もあなたに喫煙も禁煙も強制はしません。選択権は自分にあるのです。

くれぐれも、タバコをやめられない自分を責めることだけはしないでください。完璧な人間なんて居ないのですから一度で成功させることは難しいでしょうし、そんな必要はありません。自分のペースで取り組んでいけばよいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする